東京都墨田区・錦糸町駅の鍼灸院|幅広く女性の悩みに対応 不妊 自律神経失調症 過活動膀胱 過敏性腸症候群 坐骨神経痛 腰椎症 頚肩腕症候群
ホーム > オフィシャルブログ > 月経不順 > 浜口 真緒 > 錦糸町はり灸院 月経不順1 月経不順と骨粗しょう症
オフィシャルブログ

錦糸町はり灸院 月経不順1 月経不順と骨粗しょう症

" 浜口 真緒, 月経不順 "

2018年8月8日

錦糸町はり灸院 月経不順1 月経不順と骨粗しょう症
こんにちは、
錦糸町はり灸院院長の浜口真緒です

これから皆さまに月経に関係するお話を定期的にお伝えしていきますね

今回は「思春期の月経不順は将来の骨粗しょう症に繋がる?!」
というテーマでお話をしていきます

骨粗しょう症とエストロゲンの関係は?

私たちは加齢に伴い、
身体に色々な変化があらわれます

そのうちの一つに「骨」の変化があります

卵胞を育てる働きをするホルモンのエストロゲンは、
骨においては、骨吸収(骨の破壊)を制限する働きがあります




特に女性は、閉経によってエストロゲンの量が少なくなるため
骨吸収と骨形成のバランスが崩れ、
骨粗しょう症になる方が男性より圧倒的に多くなります




エストロゲンの量が減り
骨吸収抑制の働きが低下することで、
骨吸収に骨の形成が追い付かなくなり、
骨粗しょう症になります

思春期の月経不順は骨粗しょう症につながる?

 

何より注意が必要なのは、

骨密度は思春期(10代の時)にピークまで持ち上げておかないと今後増えることはない

ということです

そのため、

10代の時に1年以上生理(月経)が来ないことがあった人は、

将来骨粗しょう症になる確率が圧倒的に高くなるのです

↑赤の矢印の時期までにピークにもっていかないとそれ以上骨密度は増えないのです

そのため、

早いうちから月経に対して情報を持っていることが大切です

半年以上月経が来ていない場合は、早期の治療をお勧めします

本日も最後までお読みいただきありがとうございます

墨田区 錦糸町はり灸院 院長 浜口真緒

カテゴリー: 浜口 真緒, 月経不順.
  • ブログトップ
    ブログトップ
  • ブログカレンダー
    2019年4月
    « 11月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • ブログカテゴリー
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り